病院での医療から在宅の医療へ

現在、在宅医療が厚生労働省などから推進されています。

なぜかというと、高齢者が増加し「超高齢社会」と呼ばれる時代となり、医療費が国の財政を圧迫しているからです。

超高齢社会とは、高齢化率(65歳以上の人口が占める割合)が21%を超えていることを指します。

高齢化社会に対応し、2000年から介護保険制度も設けられました。

高齢化によって、病院では高齢者が増えます。

高齢者はなにかしらの疾患を持っていることが多く、入院期間は若い人よりも長くなりやすく、費用もかかってしまいます。

そこで登場したのが、「在宅医療」や「介護保険」です。

在宅医療とは、在宅で行う医療のことで、訪問看護や訪問診療・往診だけでなく訪問リハビリテーションや訪問薬剤指導なども含まれています。

費用は、入院するよりも安いですが、外来を受診するよりも高いです。

介護保険は、40歳以上の人が被保険者となり、65歳以上を第1号被保険者、40歳から65歳未満を第2号被保険者と呼びます。
要支援1・2や要介護1から5などとランク付けされ、それにより利用できるサービスや金額が変わってきます。

ここで注意する点は、お金が支給されるのではなく、「サービス」や「モノ」が支給されます。金額に合わせて、ケアプランが組み立てられます。
利用できる金額の1割を利用者が負担することになります。例えば、要支援5の人は月に35万円程度のサービスを受けることができます。

その場合利用者の負担は3万5千円となりますが、毎月3万5千円の負担が厳しいという人もいるため、35万円分のサービスを受けずに、必要最低限のサービスのみを受けて自己負担分を減らすということもできます。

このように、在宅での介護もしやすいように金額のみならず、サービスなども充実してきています。

在宅医療は、自分らしい生活を送ることができることが最大のメリットです。

家族と触れ合う時間が増え、QOL(生活の質)も向上させることができます。
また、「家に帰りたい」という患者さんの希望も叶えることができるのです。


http://www.dent-kng.or.jp/
http://mcm.ncc.go.jp/project03.html
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f450164/

渋谷のしわは絶大な支持を受けています。

玉川学園の歯科に関する特集が満載です。

重森弘充に関するサポートサイトはここです。

有楽町のデンタルクリーニングの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

目的別の東京の歯医者情報がさらにわかりやすくなりました。